LINE@友だち追加

ひなた整体整骨院トップページ > 筋肉と関節の専門家ブログ

筋肉と関節の専門家ブログ

ぎっくり腰に要注意⚠

2018.05.05

  • こんにちは♪ひなた整体整骨院の福田です(^^)/\(^^)
    .
    先日は鍼治療についてお伝えしました(^○^)
    .
    そこで今日は私の鍼治療に助けられた体験談を少し(笑)(笑)
    .
    普段腰痛とは無縁だった私、、、
    そんな私にある日悲劇が起こりました((((;゜Д゜)))
    .
    そう!
    『ぎっくり腰』です!
    .
    そもそもぎっくり腰とは、骨のゆがみ・腰の筋肉のぜい弱化・過度なスポーツによる筋肉負荷などによって腰の筋肉や関節に痛みが出ること。
    腰に異常なストレスがかかっているときに発症します!つまり、若くても運動を十分にしていても、腰に負担が蓄積されるとぎっくり腰になる可能性があるのです(-_-)
    意外にもぎっくり腰になってすぐは激痛ながらも動ける人が多いんです!
    なので動けるうちに処置をすることが大切!
    .
    .
    きっかけはホントに些細なことでした。
    専門学生だった私はいつものように学校が終わってアルバイトへ🏃
    .
    制服に着替え、ストッキングを履こうとしたその時!!
    .
    .
    .
    「あっ…(;゜∀゜)」

    こんな感じで動けなくなりました(笑)(笑)
    ぎっくり腰は別名「魔女の一撃」とも呼ばれているのですが本当そのとおり(笑)
    一撃必殺やられました(@_@)
    .
    しばらく更衣室で蹲ったものの動けていたので仕事をせねばと、ものすごーくスローに動きながらも何とか仕事を終え帰宅しました(-.-)y-~
    .
    そして次の日、、、
    実技があるので先生に何とかしてもらおうと、すがる思いで学校へ🏃🏃
    .
    実技の先生に「腰が痛いーーー、先生何とかしてーーーーー(T0T)」と泣きついて腰に鍼を打ってもらいました(笑)
    .
    するとおばあちゃんの様に腰を曲げてしか歩けなかったのが痛みはあるものの真っ直ぐ立てるようになったのです!!
    .
    それまで鍼治療を実はそんなに信用してなかった私←
    初めて効果を感じてそれ以来鍼治療に絶大な信頼をおくようになりました(^○^)
    .
    ひなたの患者様でもぎっくり腰で来られる方は非常に多いです。
    その時は鍼治療をオススメしています!
    .
    その患者様が帰られるとき、来たときよりも立ち上がりがスムーズであったり、少しましになったと言って頂けることが非常に多いです。
    .
    意外にもぎっくり腰になってすぐは激痛ながらも動ける人が多いんです!
    なので動けるうちに処置をすることが大切!
    .
    やってしまった!!
    と思ったらすぐにご連絡くださいね♪
    .

Google検索では

神戸市 東灘区 整骨院

 

上記クリックしていただけますと、お問い合わせやご予約

また、ひなた整体整骨院までの道のりや所要時間がわかります。

シビレの原因って?

2018.04.12

こんにちは!ひなた整体整骨院の福田です(^○^)

今日は手足などのしびれについてのお話です♪
.
.
しびれと聞くと=神経と思ってはいませんか!?
.
神経が障害されるとしびれではなく【麻痺】がおこります。
.
麻痺とは筋肉に力が入らない。触っている感覚がわからない。
などのことをさします。

ではしびれの本当の原因はというとそれは実は【筋肉】なのです!
.
筋肉は血管から酸素や栄養素をもらっているのですが、使いっぱなしの状態や体重をかけて圧迫状態が続くと筋肉は低栄養状態・低酸素状態になります((((;゜Д゜)))
.
その状態が続くと筋肉内の細胞が壊死してしまうので危険信号⚠として【しびれ】という感覚を出します。
.
例えば、「長時間正座をしていて脚が痺れた」ことはみなさん経験がありますよね?
.
あの痺れは、長時間正座をすることにより筋肉が圧迫された状態が続くことで起こってしまいます!
.
また、脊柱管狭窄症やヘルニア、すべり症などと診断された方の多くは長時間歩いていると徐々にしびれが出現するや腰を反るとしびれが強くなる、出現するとおっしゃいます。
.
もし神経に問題があるなら脊柱狭窄症やヘルニア、すべり症などは神経が常に圧迫されている状態ですのでしびれは常に出現しているはずです。
.
しかし多くの方は歩くや反るという動作で症状が出現します。
.
なぜか…!?
.
歩くや腰を反るというのはいわゆる【動作】です。
.
動作がなぜおこるのか…それは筋肉が働くことによって身体は動き支えられています。
.
腰を反るのは脊柱起立筋や腰方形筋といった筋肉を使い、歩くや立ち続けることは中殿筋や小殿筋といった筋肉をよく使います。
.
筋肉を使うや使い続けるということは常に力こぶをいれている状態です。
.
力こぶをいれている状態はすなわち筋肉が硬く太くなっている状態です。
.
その状態でいると筋肉内の血管は常に圧迫され続けます(>_<)
.
その状態が続くと筋肉はやがてしびれを出します(;o;)
.
先程も述べた通りしびれの症状の原因の多くは筋肉が原因です!
.
筋肉は使いっぱなしの状態が続くと筋肉は次第に硬くなっていきます。
.
その状態が長期化すると筋肉内に筋肉の硬結[しこり]が出現しそのしこりが痛みやしびれを引き起こします。
.
なので、その筋肉の硬結[しこり]を柔らかくするため手技治療や電療、鍼灸治療などを行います♪
.
シビレの症状にお困りの方は是非一度ご相談下さい(^^)d
.

Google検索では

神戸市 東灘区 整骨院

 

上記クリックしていただけますと、お問い合わせやご予約

また、ひなた整体整骨院までの道のりや所要時間がわかります。

手根管症候群って?

2018.04.02

みなさんは手根管症候群って聞いたことありますか??

今日は東灘区ひなた整体整骨院の福田が手根管症候群についてのお話を書かせてもらいます(^^)d
.
手を酷使する職業や趣味をお持ちの方に手根管症候群は非常によくみられます!
.
30~50歳の女性に最も多く起こる事も特徴の一つです(>_<) . 危険因子(特定の疾患にかかりやすい生体の形態的・機能的要素のこと)には,RA(関節リウマチ)またはその他の手関節の関節炎,糖尿病,甲状腺機能低下症,先端巨大症,原発性アミロイドーシスもしくは透析アミロイドーシス,および手根管の妊娠浮腫などがあります(゜ロ゜;ノ)ノ . 繰り返し手首の関節を曲げ伸ばしする必要がある活動または仕事が一因となることももちろんあります。大半の症例は特発性(特別な原因が見当たらないのに発病すること)なのです。 . . 症状と徴候 . 症状にはチクチク感およびしびれを伴う手や手首の関節の痛みがあります。 . 典型的に母指(親指),示指(人差し指)および中指(中指),ならびに環指(薬指)の親指側(手掌面)に感じることが多く,手全体に感じることもあります。 . また,よくある症状として夜間に灼熱痛(焼けるように痛い)またはうずくような痛み,しびれおよびチクチク感で目覚めてしまうことがあります。 . その他にも握力低下を起こしてしまうこともあります。 . . . 診断 診断は、主に侵された手と手首を診察することで判断します。問題が手根管症候群であることを確認するために、手根部分に刺激を加え痺れの増強などを確かめます。 . 治療 手首の関節を過度に反らせたりする姿勢を長時間しない事が何よりも大切です(>_<)
肘関節部を圧迫しない姿勢をとることも重要です!意識してみましょう!
肘をつかないとか、曲げた状態で動かないで長時間パソコンを打つとかはやめた方が良いでしょう。
コンピュータのキーボードの角度を調節すると、ときに症状をいくらか緩和できることがあります。
手首用の副子で手を中間位に固定する(特に夜間)こともしばしば役に立ちます。
痛みがひどい場合や、筋萎縮や筋力低下が認められるような重度の方の場合は、病院で手術という事もあります。
.
でも手術って嫌ですよね((((;゜Д゜)))
そうならないためにもひなたでは手技治療や物理療法を施していきます(^○^)
場合によってはテーピングなんかもさせて頂きますよ♪
まずはなんでもご相談ください♪
.

Google検索では

神戸市 東灘区 整骨院

上記クリックしていただけますと、お問い合わせやご予約

また、ひなた整体整骨院までの道のりや所要時間がわかります。

よく聞く椎間板ヘルニアと坐骨神経痛とは?

2018.03.31

こんばんは。
ひなた整体整骨院の甲斐です!

今回は坐骨神経痛と椎間板ヘルニアの違いについて

当院でも腰痛・坐骨神経痛でお悩みの方は非常に多いです。

まず、坐骨神経痛ですが、
坐骨神経痛という名前は疾患名ではなく症状名です。

腰やお尻、足の神経が刺激され痺れや痛みを伴う状態を坐骨神経痛と言います。

それに対し腰椎椎間板ヘルニアは疾患名です。
腰椎の椎間板が突きだしてしまった状態をヘルニアと言います。

腰椎椎間板ヘルニアになっても無症状の方もおられますし、坐骨神経痛が出ているからといって
必ず腰椎椎間板ヘルニアになっているとは限りません。(併発のパターンは多いですが。)

ヘルニア以外で坐骨神経痛がおこる原因としては
梨状筋症候群や脊柱管狭窄症が一般的には多いと言われていますが、坐骨神経痛の85%は原因不明だとも言われています。

では、なぜ症状がでるのでしょうか?

多くの場合は筋肉の緊張か骨の歪みからの神経圧迫が原因です。

神経が圧迫されやすい場所としては臀部・膝下外側・足首の内側があります。

臀部の場合、おしりの周辺に痛みがでます。
膝下だとすねの筋肉に痛みや痺れがあらわれ、足首の場合なら足の裏に痛みがでます。

このように圧迫を受ける場所により痛みの箇所は違います。

身体の左右バランスの崩れから重心がどちらかに偏っている。背骨が固く足へ臀部への衝撃が強く筋肉の緊張を強めている。症状の出ていない側の足をかばいすぎて負担が多くなっている。などが筋肉を極端に緊張させてしまっている原因かもしれません。

当院では姿勢を分析することにより、
身体のバランスを整え坐骨神経を圧迫する筋肉の負担を減らしながら症状の改善を目指します!

  • 足が痺れる
  • 長く立っていると下半身が重だるくなる
  • ふくらはぎが頻繁につる

上記のような症状でお悩みを抱えておられる方には足の裏、ふくらはぎの筋肉の弛緩に特化したフットマッサージもおススメです!

 

Google検索では

神戸市 東灘区 整骨院

上記クリックしていただけますと、お問い合わせやご予約

また、ひなた整体整骨院までの道のりや所要時間がわかります。

誰にでもなり得るぎっくり腰

2018.03.31

こんにちは〜
ひなた整体整骨院の日城です☺︎

この季節の変わり目にとても増える
ぎっくり腰について。。。

皆さんもよく耳にされる事が多いと思いますが、正式には「急性腰痛症」と言います。
重い荷物を持ち上げようとした瞬間や腰を曲げた状態から伸ばす瞬間、
またその反対の動作など比較的伸展と屈曲の動作でおこることが多い激痛を伴うものです。
別名では「魔女の一撃」と言われるように一瞬で強い症状が表れる事も特徴的です。
そのため、中には歯を磨こうと歯ブラシを持った瞬間なんて言うケースまで存在したので、必ずしも激しい動作や重いものを持った負担だけで起こるものではありません。

まったくと言っていいほどその場から動けなくなるものや、
腰が伸びなくなってしまったままの状態の方など様々で、
軽い痛みから徐々にきつい痛みに変わることもあれば最初からきつい痛みとなる人もいらっしゃいます。
充分に腰を動かせなくなる。
もしくは動かせるが痛みを伴うなどの状態になることが多いです。

実は先日私もお恥ずかしながら、ベッドで体位変換する患者様を支える際に変な姿勢になってしまい腰を捻ってしまいました。。。
瞬間で思いました。。。
「あ。。。やってしまった。。。」笑
どんどん痛みは増していき、自分の体重が支えられないようにಠ_ಠ
すぐに冷やして、福田先生の手が空いた隙に鍼治療してもらいなんとか動けるように。。。

では、何故そんなことが突然起こってしまうのか?

腰は日々の身体の中心であることや骨格構造上の問題点により関節への負担だけでなく、それらを支える筋肉や動かす筋肉にも負担がかかり柔軟性がなくなってしまっていることが多いポイントです。

筋肉がカチカチの硬さでそれが長い間続いている人は、ベッドの上で寝ている状態でも筋肉が休まることを忘れたように硬く緊張したままであることも多いのです。

この筋肉の過緊張状態であれば睡眠をとっている間もしっかり元のリフレッシュした状態に自力で戻ることは期待できません。

寝返りで少し違和感や、起床時に起き上がる時に腰のあたりの動きの硬さを感じた事はないですか(ᵔᴥᵔ)?
心当たりがある方は…もはや赤信号です!
お風呂で温もってゆっくりすれば何とかなる状態ではありませんので、
筋肉の直接的刺激による緊張緩和が必要でありとても大事になってきます。
こんな状態が積もり積もって限界を超えることで突然起こってしまうのが、ぎっくり腰なんです。

ひなたでは以下のような治療を行っています★

  • 急性に対する治療
  • 筋肉の状態を改善する微弱電流と冷却療法
  • 鍼治療
  • テーピングなどによる固定
  • 周辺筋肉のマッサージ
  • 超音波
  • (状態により)骨盤矯正

などなど。。。

主に上記のような治療をさせていただいています。

ただし、一人ひとり症状も辛さの訴えも異なりますので、
その時の状況により何が最適か判断して提案させていただいています!

おカラダの不調や疲れは溜めない事!
これがとても大事ですね(๑′ᴗ‵๑)

 

Google検索では

神戸市 東灘区 整骨院

上記クリックしていただけますと、お問い合わせやご予約

また、ひなた整体整骨院までの道のりや所要時間がわかります。

胸郭出口症候群って?

2018.03.31

こんにちは(^^)/\(^^)
ひなた整体整骨院の福田です♪

あなたの手の痺れ、胸郭出口症候群かも!?

なんか漢字ばっかりでややこしそうな名前(笑)

神経や血管は脳から脊髄、そして腕へと通っていきますが、その途中にある「胸郭」という肋骨周辺を通って行くのです!
その「胸郭」と呼ばれる肋骨の隙間が狭くなることで、神経や血管を圧迫して腕への神経症状が出てしまうのがこの病気です((((;゜Д゜)))

肋骨の隙間をあえて「出口」と言っているところがミソなんです!(笑)

この病気が出やすい人は、女性でなで肩、そして細身で筋肉があまり付いていない人や首が長い人に多く発症します。

手指や腕のしびれ、熱感・冷感、脱力感が出れば胸郭出口症候群のサインかも(>_<) 徐々に首や肩、肩甲部のうずくような痛みが現れます 電車のつり革につかまる時のように肩をあげて後ろに反らす運動や、首を反対側に傾けてさらに後ろへ反らす運動をする時に痺れや痛みが強くなります(>_<)
特に、肘の内側から小指にかけて症状が出ることが多いです!

神経は圧迫されるとしびれや痛みが現れ、動脈が圧迫されると腕や手指の色が蒼白になり、静脈が圧迫されると腕や手指の色が暗青紫色になります。

進行すると、このような動作がまったくできなくなります。

診断は・・・

誘発テストで確かになります。 鎖骨の上のくぼみを指で圧迫して痛みやしびれを誘発するモーレイテスト、首を反対に倒して反らせると手首で動脈の脈拍が触れなくなるアドソンテスト、肩をあげて後ろへ反らせると手首で動脈の脈拍が触れなくなるライトテスト、肩をあげて後ろへ反らせた位置で指の屈伸運動を行うと、腕がだるくなって3分間続けてできない3分間挙上負荷テストなど。

整骨院では頚椎の可動域を広げるための手技治療で胸郭周囲の軟部組織の血行改善を行っていきます!
また、筋力トレーニングも効果的なのでトレーニング指導も行います(^^)d

ご自身でも胸をゆっくりと開いてあげる意識をしてあげてください!

 

 

Google検索では

神戸市 東灘区 整骨院

 

上記クリックしていただけますと、お問い合わせやご予約

また、ひなた整体整骨院までの道のりや所要時間がわかります。

腱鞘炎のお話

2018.03.22

こんにちは^^
ひなた整体整骨院の日城です。

先日、同業者の友人と食事をしてきました!
春ですね〜。
そろそろ4月から新しいスタッフを迎えるという事で、もっぱら研修で忙しいようです。
ですが、生まれて初めて自分の親指だけで自分の体重を支え続ける日々に…1人…また1人…と、痛みを訴え弱音を吐き出す新人さん達。。。
私達の職業病と言っても良いでしょう。
そう、腱鞘炎。
私もこの仕事を始めた頃は、毎日痛みと戦いました(ノд-`)

今回はそんな腱鞘炎のお話。
腱と腱の周りにあり浮き上がりを抑える役目を果たす腱鞘の間に起きた炎症が腱鞘炎です。
キーボードで入力をする仕事や、漫画家、作家、そして私達の様に親指だけをしこたま使ってマッサージするなど、といった特定の関節を継続的に動かし続ける場合や、関節炎・怪我が原因で生じる場合が多い症状です。

腱鞘炎は段階を踏んで症状が悪化していくわけではなく、痛みを感じるまでの潜伏期間が長いため症状がすぐに現れません。

腱鞘炎の前兆

腱鞘炎の前兆には以下のようなことが起こります。

  • うまく手を動かせない
  • 痛みはないけど手首に腫れがみられる
  • 動かすとだるく感じる

腱鞘炎の初期症状

初期症状になると次のような症状が現れます。

  • 指や手首の使用中の不快感
  • 瞬間的に痛みが走るが、次の瞬間痛みが消えていることがある
  • 痛い箇所はあるものの具体的にどこが痛いのかわからない

悪化すると治療をしても再発を繰り返すようになるので、できるだけ初期段階での治療が必要となります。
また中期では、この場所を押すと痛いという痛みを感じる痛圧点が明確になり、痛み・不快感も継続的に起こるようになり日常生活にも支障が出てくるようになります。また、多くの場合この段階で初めて腱鞘炎であると自覚します。

末期症状になると神経痛が起こったり血流が悪くなって痛圧点の神経も麻痺した状態になるので痛みを感じなくなり、手術が必要になる場合もあります。

腱鞘炎とは、関節を動かすために筋肉の力を伝える腱や腱鞘が炎症を起こしてしまっている状態のことを言います。

腱鞘炎の主な原因は、間接部分の使いすぎです。

腱と腱鞘を使いすぎることにより、その間に起こった摩擦によって炎症が起こってしまうのです。作家や漫画家などペンを持つ仕事の人、手を使った家事をする量の多い主婦などは手がなりやすいです。

また、女性の場合ホルモンバランスの変化する更年期や出産などもなりやすく注意が必要です。その人の持っている筋力にとって負荷となるレベルの運動を続けると腱鞘炎の原因となります。

腱鞘炎にならないためには、何かの作業を長期間する場合は定期的に休みをとり、腱と腱鞘にかかる負荷を取り除くことが大切です。手や足など、関節が痛いと思ったら作業をとめて休みます。なってしまったら、自力で自然治癒を待つ方法もありますが、病院で炎症を抑える注射を打ってもらうと確実です。

また、何度も繰り返し症状が出るようなら、外科的な手術が必要な場合もあります。もはや自然治癒が見込めない場合、腱鞘を切開して傷ついた組織を取り除くという処置をすることになります。そのようなことにならないよう、軽症のうちに治癒させることが大切です。
少しでも気になるようならすぐご相談下さいね^ ^

 

 

Google検索では

神戸市 東灘区 整骨院

 

上記クリックしていただけますと、お問い合わせやご予約

また、ひなた整体整骨院までの道のりや所要時間がわかります。

 

 

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0784118400

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒658-0013
兵庫県神戸市東灘区深江北町3-11-36 井手尾マンション 1F
診療時間
月・火・水・金・日
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
アクセス
JR甲南山手から徒歩5分、阪神深江駅から徒歩7分

0784118400

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

ひなた公式LINE
友だち追加
/LINE@限定割引も定期配信中\

交通事故メニューバー
神戸市交通事故治療.com
/交通事故の負担金は0円!\

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
腰の痛み
肩・首の痛み
鍼灸治療
リンパマッサージ
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
ひなた通信
筋肉と関節の専門家ブログ
WEB限定メニュー
院内設備
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

ひなた整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒658-0013
    兵庫県神戸市東灘区深江北町3-11-36 井手尾マンション 1F

  • 診療時間

    月・火・水・金・日 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

  • アクセス

    JR甲南山手から徒歩5分、阪神深江駅から徒歩7分

エキテン口コミランキング1位 株式会社HCC
pagetop