LINE@友だち追加

ひなた整体整骨院トップページ > 筋肉と関節の専門家ブログ

筋肉と関節の専門家ブログ

女性の方が多い!?膝の痛みについて。

2020.06.28

こんにちは(^^)

今回東灘区ひなた整体整骨院がお届けするのは「何故女性の方が膝を痛めやすいのか」についてです。

 

Q角

女性はもともと男性に比べて骨盤自体が横に広い作りになっています。

その為、骨盤にある上前腸骨棘から膝蓋骨の中央と、膝蓋骨中央から脛骨粗面との角度であるQ角が大きくなります。

男性が約10°、女性で焼く15°とも言われています。

そうすると、大腿の外側のある大腿筋膜張筋や外側広筋に自然と負荷がかかりやすく筋緊張を起こしやすくなります。

外側筋群の筋緊張、収縮が起こることで膝蓋骨を外側へ引く力が強くなります。

その結果、膝は内反変位しやすく膝蓋骨内側面に体重負荷が強くなり痛みを発症しやすくなります。

つまり、Q角が増加している場合はより内側広筋による牽引力を必要とします。

 

内側広筋

内側広筋の弱化がある場合、膝関節の完全伸展に関与しているこの筋肉が原因で膝関節が屈曲位を持続してしまい

さらなる弱化を進めることに繋がります。

機能低下を起こしやすい内側広筋斜走繊維(VMO)には日常生活動作における膝関節への負荷の軽減にテーピングを行うことが

有効です。

また、歩行時など動きのある時に患部にテーピングが貼ってあることにより、意識をVMOに誘導しやすくなることも見込める。

そうする事で意識的にVMO の筋活動量をアップさせトレーニング効果の向上も狙えるという、まさに一石二鳥(´艸`*)

 

骨粗鬆症の影響

もともと産まれつき女性の方が骨格が小さく、筋量も少なく筋力が弱いうえに、妊娠や授乳期にはカルシウムを大量に必要とする

時期もある人が多いです。

更に閉経後のエストロゲンの激減により骨の吸収を抑える働きが弱くなる為骨量が減少します。

エストロゲンの減少によって、カルシウムの吸収を助ける活性化ビタミンDが減るので腸管からのカルシウム

吸収も悪くなります。よって血中カルシウム濃度を下げない為に副甲状腺ホルモンが分泌されて骨のカルシウムが

奪われていくという現象が起こります。骨粗鬆症が女性に多い理由ですね。

ですから、特に閉経後の女性の骨変形による痛みが出やすいのです。

更に「中年太り」とよく言われますが、骨が弱くなっているにも関わらず体重の増加によって更なる負担がかかっていきます。

筋力が衰え、支える力が低下していくと変形も進行していくリスクが高くなります。

体重の増加にもこまめに気を付けてあげなくてはいけませんね( ゚Д゚)

 

適度な運動とカルシウムを意識したバランスの良い食事はやはり必須ですね!!

 

Google検索では

神戸市 東灘区 整骨院

 

上記クリックしていただけますと、お問い合わせやご予約について

また、ひなた整体整骨院までの道のりや所要時間がわかります!

骨盤低筋群を鍛えるメリット!

2020.04.27

今回は女性の方は一度は聞いた事があるかもしれない骨盤底筋群について!

骨盤底筋群には大まかに分けて3つの役割があります!
1、呼吸筋として機能して適切な呼吸を行うための腹腔内圧の適性を保つ。

2、姿勢筋として体幹部のインナーマッスルを適切に作用させるための機能。
 (骨盤底で下から内臓を支えている筋肉でもある。)

3、括約筋として収縮と弛緩をすることで、物体の通過をコントロールする。
 (骨盤底筋の真ん中を尿道や結腸が通るので、括約筋として排泄物の通過のコントロール。)
 (腹圧が高まった時にこの骨盤底筋が膀胱と尿道を支えることで、尿漏れを防ぐことができる)


骨盤底筋が正しく機能し、腹圧が適切に高めることができるとこの上記3つの役割がきっちり行われます!
その為には、脊椎や骨盤の位置が安定されて骨盤底筋群を含む体幹機能が適正に保たれなければなりません!


年齢を重ねるほど日常生活の中での偏った身体の使い方で、骨盤底筋機能は徐々に低下していきます。
・加齢
・肥満
・運動不足による筋力不足
・妊娠、出産


特に女性の場合は妊娠の際に骨盤底筋群は子宮が大きくなるにつれて圧迫が増す箇所です!
出産では、通常分娩時で胎児が通る為に直径10センチほどに引き延ばされ骨盤底筋群に大きなダメージが加わります。
閉経後はエストロゲンの低下によって、皮下組織のコラーゲンが減少することで骨盤底筋が緩んで弱くなります。
骨盤底筋が弱る事による子宮脱などのリスクも起こりやすくなります。
加齢に伴い筋肉が薄くなり、尿漏れや膀胱炎などの泌尿器の障害も起こしやすくなるので男性でも鍛えておくことはとても大事です!



骨盤底筋群は遅筋繊維が約70%速筋繊維が30%速筋は大きく瞬発力に長けた筋肉で、遅筋は小さく持久力に長けた筋肉咳やくしゃみで瞬時に腹圧がかかる場合に必要とされるのは主に速筋繊維持続的に尿道・肛門を締めて臓器を支持するために必要とされるのは主に遅筋繊維です!

骨盤底筋は腹部の深層筋である腹横筋の収縮により活性化されるといわれています。
また、横隔膜と協調的に活動し、呼気(横隔膜の挙上)によって骨盤底筋は収縮して挙上。
吸気(横隔膜の下降)で骨盤底筋は弛緩します。

骨盤底筋が正しく機能する為には歪んだ骨盤を矯正し、筋肉トレーニングをしていく事が非常に大事となります!
トレーニングを継続して行っていく事で、矯正した骨盤を保持していく事もできます!
歪んだままの骨盤では骨盤底筋の筋力低下のみならず腰痛などの痛みや、
姿勢の崩れからなる下腹の出たスタイルなど見た目にも大きく影響していくので、矯正→そのポジションのキープはとても大事ですね!


骨盤底筋群の鍛え方

①仰向けで膝を立てた状態で寝る

②尿道・肛門・膣を「きゅっ」と締めたり緩めたりします。これを2〜3回繰り返す。

③ゆっくり「ぎゅうっ」と締めて3秒間静止し、その後ゆっくり緩める。これも2〜3回繰り返す。

④引き締める時間を少しずつ伸ばしていきます

基本姿勢でできるようになったら、色々な姿勢でできるようにやってみましょう。
例えば、床に膝をつきクッションの上に肘を置いた四つん這いの姿勢。
脚を肩幅に開いて、机に両手をついている立ち姿勢。
脚を肩幅開いて椅子に腰掛け、両足裏全面を床につけた座り姿勢など色々な姿勢で行いましょう!


尿道・肛門・膣をきゅっと締めたり緩めたりするのは速筋のトレーニングです。
咳やくしゃみをした時など腹圧がかかった瞬間に尿が漏れないように瞬時に尿道を締める働きがあります!

逆に、ゆっくりぎゅうっと締めて3秒間静止し、その後ゆっくり緩めるのは遅筋のトレーニング。
尿道を締め続ける筋肉であり、尿意を感じてから排尿するまで我慢する働きがあります!

どちらもバランスよく鍛える事が大事なので1セットとして、トレーニングが必要ですよ(^^♪

Google検索では

神戸市 東灘区 整骨院

上記クリックしていただきますと、お問い合わせやご予約
また、ひなた整体整骨院まで道のりや所要時間がわかります。

顎関節症について

2020.04.20

今回は顎関節症について書かせていただきます!

顎関節症の症状としては、食物を噛む時に耳の前のあたりに痛みがでたり、
口の開け閉めでガクガクやゴキゴキといったような音が鳴ったりします。
口を大きく開けると痛みが発生する為、大きく開けれないなどの症状が主に出る事が多いです。
ちょうど耳の前の指でなぞると少し陥没しているところが顎関節の場所です。
だいたい指を縦に3本並べた幅くらいに口を開くとここに痛みがでます。

原因として考えられることは
⓵ 歯と歯の噛み合わせ事態に問題がある。

⓶ 日常的に精神的ストレスを感じる。たまっている。

⓷ 頬杖をつくなど日頃からの癖から顎関節事態に負荷、負担がかかってしまっている。

⓸ 歯ぎしりや食いしばりのような就寝中の問題。

などが考えられます!
 

しかし顎関節症と似たような症状には関節リウマチもあるため注意が必要です。

関節リウマチの特徴としては
① 動かさなくても痛みがでる。
② 他の場所の関節にも同じように痛みや腫れの症状がある。
③ 朝起きた時に一番痛みが強く日中や夜は落ち着くことが多い。
④ 朝の関節のこわばりが1時間以上と長い。特に手指のこわばりを強く感じられる方が多いです。
⑤ 全身的に疲労、倦怠感がある。

上記のような症状がある場合は専門の医療機関を受診してください。

顎関節症は大きく分類すると

咀嚼筋痛障害
口の開け閉めや食べ物を噛む時に働く咀嚼筋に問題がある。

顎関節痛障害
顎関節を包んでいる組織や靭帯に問題がある。

顎関節円板障害
クッションの役割の関節円板が正常位置からズレている。

変形性顎関節症
顎関節を構成している骨事態が変形してしまっている。


当院では顎関節の痛みに対して緊張している咀嚼筋や側頭筋、頸肩部の筋肉をまず緩めていきます。

ストレスによる交感神経が興奮してしまい筋肉の緊張や痛みの助長も考えられる為、全身的アプローチをおこなう場合もあります。

猫背などの不良姿勢により頭が前に傾いていると下顎を後下方に引き寄せてしまう為、拮抗(反発)して噛みしめる力が自然と強くなり、
咀嚼筋や首、肩の筋肉の緊張に繋がってしまいます。
姿勢を根本から原因を探り、必要であれば矯正も行います。

さらに鍼灸治療により、痛みへの直接的なアプローチも行います。

顎関節の痛みに悩んでいる方は是非一度、当院にご相談ください!

Google検索では
神戸市 東灘区 整骨院

上記クリックしていただきますと、お問い合わせやご予約について
また、ひなた整体整骨院までの道のりや所要時間がわかります。

外出自粛による運動不足が招くリスクについて。

2020.04.03

新型コロナウイルスの世界的流行に歯止めが効かず、

各国では外出禁止令により拡散を防ぐ方法を取らざるをえない状況が続いています。

ヨーロッパではイタリアが死者1万人を超え、スペインやフランスでも感染者が急増。

ここにきてアメリカの感染拡大が一気に加速し、現時点では世界の感染者数は100万人を超えたとの事です。

自宅待機を余儀なくされている人の数は世界人口の4割超となっているそうです。。。

 

日本でも首都東京を中心に感染拡大が広がっており、東京ロックダウンの噂も世間を飛び交いました。

緊急事態宣言はいまだ発令されておりませんが、外出自粛の要請は東京のみならず大阪や京都、兵庫にも呼びかけられています。

こういった状況から、外出を自粛している方達も非常に多いと思います。

ただ、外出を自粛する事で少なからずリスクもあるんです。。。

それは。。運動不足による健康の悪化です。。。

 

 

勘違いしないでくださいね(;^_^A

このブログは積極的に外に出て運動しましょうというものではありません(^^;

もちろん今は不要不急の外出は必ず控えてください。

ですが、自宅にいても運動はできますし、人が少ない場所や時間を選んでウォーキングするのも良いと思います。

 

特に高齢の方の場合は、家でじっとしていると持病の悪化や心身機能の低下などが懸念されます。

コロナの終息後、元気に過ごすためにも今できる運動はしっかりやっていただきたいです。

 

運動をするメリットはたくさんありますが、中でも

筋力アップ(維持)→代謝アップ→血行促進→免疫力アップ!

今はこれが一番重要な事ではないかと思います。

 

そこで今回は、

自宅でも簡単にできる運動を少しご紹介させていただきます!

 

まずは、肩甲骨を動かしましょう!

肩甲骨のまわりには、脂肪を燃焼して熱に変換し消費カロリーを増加させる働きをもつ「褐色脂肪細胞」という細胞が多く存在します。

肩甲骨を動かす事で、この褐色脂肪細胞に刺激を与えて代謝アップを図りましょう。

 

 

まずは肘を曲げて手のひらを自分の肩にあててください。

 

その状態で肘で大きく円を描くように回してください。

 

肩甲骨が動いているのを意識しながら行うと効果的です。

 

前からと後ろからと交互に10回ずつ繰り返しましょう!

 

 

もう一つは足上げ運動です。

足の筋肉は体の中で一番大きいため、足の運動をする事は代謝を上げる上でとても大切です。

また足の筋肉を鍛える事で、歩行時の転倒防止に有効です。

 

椅子に座った状態で片足を伸ばしたままゆっくりと上げていきます。

 

体と垂直に上げたところで約10秒キープしましょう。

それを頑張って3セットやりましょう!

この運動は日頃、膝に痛みを抱えている方にもおすすめです。

 

もしもやり方がイマイチわからない方はいつでもご相談ください!

また、急な痛みなどでお困りの場合も我慢せずにお越しください!

痛みがあるから治療に行くのは不要不急ではありません!

 

当院では鍼灸治療を行うにあたり、院内の換気環境がしっかり備わっています。

空間や玄関周り、トイレ、ベッド周りなどあらゆる所を細かく

アルコール次亜塩素酸水を使用して消毒、除菌を行っております!

スタッフはマスク着用はもちろん、ウィルスシャットアウトを身に着けております。

出来る限りの対策は行っておりますので、

痛みでお困りの方はいつでもお越しください!

 

Google検索では

神戸市 東灘区 整骨院

上記クリックしていただけますとお問い合わせやご予約について

また、ひなた整体整骨院までの道のりや所要時間がわかります。

 

 

産後の骨盤の悩み②

2020.03.16

先日書かせていただいた骨盤の悩み①では

産後の骨盤矯正のニーズの1つ『産後の腰痛』について書かせていただきました。

今回は2大ニーズのもう一つ『産後の骨盤を閉めたい』について書かせていただきます。

多くの女性が出産前と出産後の体型の変化、崩れを訴えます。

「出産前より太ってしまった。」

「出産前よりクビレがなくなった。」

「出産前に履けていたズボンが履けなくなった。」

など。。。

 

出産で骨盤が開いてしまったから?と思って骨盤矯正を希望される方がとても多いように思います。

 

ずばり、骨盤が開くというニュアンスは少し違うように思います。

 

骨盤が開くと聞くと横に広がるように想像される方が多いと思いますが、

骨盤の構造上、横に大きく開く、広がるというような状況は考えにくいです。

骨盤は腸骨、仙骨、恥骨という3つの骨から構成されています。

その各骨を繋いでいる関節があります。

仙骨と腸骨を繋いでいる「仙腸関節」と左右恥骨を繋いでいる「恥骨結合」です。

仙腸関節と恥骨結合は出産時に確かに広がります。

出産後に自然とゆっくりと元に戻っていきますが、人によっては戻りが遅かったり、

少し開いたまま残ってしまう事もあります。

ですが、その開きが見た目に骨盤が広がったと感じるレベルではありません。

なので、多くの女性が骨盤が広がったと感じる原因は仙腸関節や恥骨結合の開きではないと思います。

 

 

では見た目に広がったと感じる原因は?

 

大きな原因の一つは、骨盤を支えている腹筋群の緩みだと考えられます。

もちろん腹筋群だけで骨盤を支えているわけではありませんが、大きな役割を担っているのは確かです。

その腹筋群は妊娠中にお腹が大きくなるにつれて引っ張られて緩んでいきます。

そうなると骨盤は前から支えられている力が弱くなり前傾変位してしまいます。

これが骨盤前傾という状態です。

いわゆる反り腰ですね。

出産後は妊娠中に緩んだ腹筋群がそのままの人が多く、骨盤前傾状態の方が多く見られます。

これが出産前と比べて体型が崩れたように見える一番の原因だと思います。

何故崩れたように見えるかというと、骨盤前傾とともに股関節は内側に捻じれます。(股関節内旋)

股関節は骨盤と足の骨(大腿骨)から形成される関節ですが、それが内旋することにより、

足の骨(大腿骨)の大転子と呼ばれる部分が外側に突出してきます。

こうなると正面から見るとあたかも骨盤が広がったように見えてしまいますし、

以前履いていたズボンが引っ掛かって履きにくくなったりします。

 

骨盤を閉めたい!というニーズにお応えする方法は、

①骨盤前傾を矯正する事!

②その後の正常な骨盤位置をキープする事!

この2点が重要なポイントと考えます!

 

当院では骨盤の矯正はもちろん、必要な筋肉へのトレーニング指導もさせていただきます!

 

Google検索ではこちら

神戸市 東灘区 整骨院

上記クリックしていただきますと、お問い合わせやご予約について

また、ひなた整体整骨院までの道のりや所要時間がわかります。

 

産後の骨盤歪みによる悩み①

2020.02.28

新型コロナウイルスの大流行。連日の報道で不安になりますよね。。

マスクも手に入りにくい状況ですが、なによりも手洗い、うがいの徹底だけはしっかり行いましょう。

 

さて、本題にはいりますが、当院にはご出産後の女性患者様が多数来院されます。

それぞれ色々な体の悩みを抱えて来院されますが、中でもやはり一番多いのは産後の骨盤の悩みです!

骨盤矯正を求めて来院される女性はとにかく多いのですが、なぜ骨盤矯正を求めてこられるか?

タイトルにも『産後の骨盤歪みの悩み①』と書かせていただいたように、

骨盤矯正をもとめる患者さんのニーズは大きく分けると2種類に分類されるように思います。

その①は腰痛です!

 

出産前は腰痛など感じたこともなかったという方も沢山おられます。

そういった方が出産後に腰痛を発症すれば、骨盤の歪みが原因で腰が痛くなっているのでは?と思って当然です。

たしかに出産後は骨盤の歪みで腰痛を発症する確率は高いです。

出産後の女性の骨盤歪みで圧倒的に多いのは骨盤前傾です。

そのままの通り、骨盤が前に傾いている状態ですね!

 

 

 

人間の背骨は通常緩やかなS字のカーブを描いています。

 

 

 

 

 

腰は通常だと緩やかな前弯カーブを描いているのですが、

 

 

 

 

骨盤が前に傾くとその分、腰の前弯カーブがきつくなってしまいます。

 

 

 

これが反り腰と言われる状態です!

 

反り腰になると腰を支えている筋肉の緊張が強まったり、背骨から出ている神経を圧迫してしまい

腰痛が起こってしまう原因になってしまうんです。。。

当院では緊張してしまった腰まわりの筋肉をゆるめ、

前傾してしまった骨盤を正常の位置に戻す骨盤矯正を施します。

あまりに固まってしまった筋肉には鍼灸治療を行うこともあります。

鍼灸治療はとくに深層筋肉の緊張を緩めるのにとても効果的な治療法です。

当院で骨盤矯正後、正常な位置に骨盤が戻ってもそのまま何もせず家事や育児を続けていると

ほぼ100%腰痛は再発します。

再発しない為に重要な事は必要な筋肉の強化。筋力トレーニングです!

妊娠中に大きくなったお腹は腹直筋(みんながシックスパックと呼ぶあれです!)を特に緩めてしまいます。

出産後も腹直筋が緩んだままの状態の女性が多く、これが骨盤前傾になってしまう大きな原因の一つです。

腹直筋は骨盤を支えるだけでなく、姿勢保持、前屈動作に深くかかわる筋肉の為、

筋力低下した状態で抱っこや掃除を続けていると腰の負担が大きく、腰痛再発に繋がってしまいます。

まずは第一に腹直筋を鍛える事を意識してみてください!

僕のおすすめの筋トレはプランクレッグレイズです!

はっきり言ってしんどいです(笑)

でも効果抜群なので頑張ってやってみてくださいね!!

 

Google検索では

神戸市 東灘区 整骨院

 

上記クリックしていただけますと、お問い合わせやご予約について

また、ひなた整体整骨院までの道のりや所要時間がわかります!

 

 

 

四十肩?五十肩?

2019.09.24

こんにちわ(^^)

ひなた整体整骨院の日城です!

最近同い年の友達から「肩があがらない。。。」と連絡がきました。

ひなたの患者様にも多い「なんだか肩が挙がりにくい」「なんだか洋服の脱ぎ着がしにくい」という症状。

その中でとても多い症状は「四十肩」。

そして「四十肩症状ですね」と告げられた患者様が必ずと言ってよいほどおっしゃる言葉は

「えっ!まだ〇〇代なのにっ!?」

「いや、もう40代とか遥か昔やのに!?」 という言葉。

確かに四十肩なんてネーミングを聞くと、「40代になるとなるもの」と思いがちですよね。

そして多くの方が「運動をしていれば大丈夫」「肩こりはしないから関係ない」とも思われがちですが、実は今

20代30代の健康な若い世代にも四十肩症状は増えているといわれているんです!

30代の健康な私の友達も、残念ながら完全に四十肩症状で毎日リハビリがてらの運動にいそしんでいるようです(´艸`*)

 

今回はこの急に腕が上がらなくなったり、痺れや痛みをともなったりして、肩こりとは全く別ものの四十肩症状についてのお話です。

他人事と思わず、いつ誰にでも起こり得る症状なので頭の片隅に置いていてくださいね(^^)

 

じつは20代30代でも、60代70代でも起こり得る可能性のある 四十肩の正式名称は「肩関節周囲炎」と呼ばれる病気です。

肩関節の周辺に炎症が起きている状態のことを指し、痛みで腕があがらない、動かせないなどの症状が出てきます。

昔はこの病気は50代に発症しやすいということで「五十肩」と呼ばれていました。

その後、40代で発症する患者も増え、現在のように四十肩とも呼ばれる事が多くなってきました。

 

そしてこの症状。。。厄介なのが、発症する原因が実はまだよくわかっていないということ。

老化に一因があるとはいわれていますが、なりやすい体質や骨格の人もおり、20代などの若さで発症してしまうのです。

 

もしかして!?と思ったら

四十肩には段階によって「急性期」「慢性期」の2つの状態があり、それぞれ症状も対処法も違うのでご紹介しておきます!

○急性期

肩関節周辺の炎症により、腕や肩を動かした際に激しい痛みを感じる時期をさします。

「夜間痛」と言って、寝た後でも痛みで起きてしまうこともあるのも急性期に多く見られる特徴です。

この時期は炎症が強い状態も事が多いので、とにかく安静が第一とされています。

腕や肩の痛みがひどい場合は、我慢せずに市販の鎮痛薬を服用するのも方法のひとつです。

 

○慢性期

発症から数日~数週間たって痛みが引いた時期です。

痛みは引いても、急性期の影響により肩関節の動かせる範囲が狭くなってしまっています。

関節周りが硬くなって動きが悪い。動かせない。動かすと痛い(´Д⊂ヽ

ですが、実はこの時期に肩をしっかり動かしておかないと、以前の動きを取り戻すことができなくなってしまうので

くれぐれも無理のない範囲内で良いので動かしておくことが大切になります。

この時期はカイロやお肌が大丈夫であれば温感湿布を貼る。寝ている時にも布団をかぶっていても冷えやすい肩口ですので

タオルでくるむなど、とにかく肩を冷やさないように工夫しましょう。

ひなたでも痛がる患者様の可動域を取り戻すべく、心を鬼にして運動を行っています(笑)

 

四十肩と間違える症状とは?

「四十肩になってしまった」と思って我慢しながら放置ていると違った( ゚Д゚)!!というケースもあります。

よく症状が似ているものをご紹介します。

・肩腱板断裂

肩の関節を安定させている肩腱板が断裂し、肩関節に痛みが出たり腕があがらなくなってしまうものです。

基本は40代以上の男性に多いですが、肩を打撲したなど日常生活で断裂が起きてしまうこともあります。

 

・石灰沈着性腱板炎

肩甲骨と上腕骨をつないでいる筋肉や腱である肩腱板の中に、なんらかの理由で石灰がたまり、急性の炎症を起こすことで肩に激痛が出ます。

これは40~50代の女性に多い病気とされます。

激痛は1~4週間ほど続き、長い場合は6カ月以上に渡り痛みがでる場合も。

肩が赤く腫れたり、熱感があったりすることなどが特徴ですがとにかく痛い。

何もしていなくても痛い。強い痛みが最も特徴かもしれません。

ただしこういった特徴が出るのはほかにも関節リウマチ、頸椎症という背骨の病気からの可能性もあります。

1週間以上肩が強く痛む症状が続く場合は要注意。医師に相談しましょう。

 

四十肩を予防・解消させるおすすめストレッチ 現在においても、明確な四十肩の予防法はありません。

ただ、ストレッチをして体を伸ばしたり、肩を温めたりする事はよいといわれておりひなたの患者様にもおすすめしています。

また、痛みが治まった頃から初歩段階の運動として「アイロン体操」と呼ばれる運動もおすすめしています。

せっかくなので簡単にアイロン体操のご紹介もしておきます♬

*骨盤くらいの高さのテーブルの横に立つちます。

このとき、痛くないほうの腕のヒジがテーブルにつくような姿勢になりましょう。

*痛いほうの手に重りを持ちます。

持つ重りは1kgほどの重量にしてください。重ければ重いほど良いわけではないので無理せずに!

*重りをゆっくり前後に振ります。

肩の力を抜いて少し前かがみになるような態勢で振ります。腕の力も抜いてダラ~ンとした態勢をイメージしてください。

*無理のない程度に徐々に大きく振ります。

この振り子のように振る動作を10往復で1セットとして、1日2セットくらいおこなえるとよいですね!

 

様子をみながら前後だけでなく左右に振る、円を描くようにまわしていくなどしてみても効果が高いです。

前後だけでなく、左右や円を描くように行うときにも絶対気を付けていてほしいことは、肩の力をしっかり抜いて行うことです。

とにかく腕をダラ~~ンとした状態で行ってほしいのです!!

肩の関節が開いているようなイメージをしながら行ってほしいのです!!

簡単な動作で単純な運動ではありますが、継続することがとても大事です。

だからと言って決して無理はし過ぎないでくださいね(^^)

もしも体操中に痛みを感じたり、体操後に痛みが長く続くようであれば中止するなり回数を減らしてみるなりしてみてください!

たまにひなたの患者様にも「痛いの我慢してやってれば、その分早くよくなるんでしょ?」

なんておっしゃる方もいらっしゃいますが。。。

それは時と場合。肩の状況によっては無理な負荷によってまた炎症を引き起こしてしまう事になってしまいます。

くれぐれも無理のし過ぎは禁物です!!!

 

何度もお伝えしますが、初めの頃は炎症も強くその分痛みも強い事が多いです。

辛すぎるときには痛み止めを打ってもらう方が良い場合もあります。

整形外科の先生に相談に行くのも一つの手段です。

ひなた整体整骨院では、超音波治療や鍼灸治療がおススメです!

手で触られると痛くて辛い。。。といった場合もあるので、そんな場合には特にこの超音波や鍼灸治療だと

ピンポイントに刺激を入れていけるので効果的なのです(*^^)

 

 

四十肩は年齢問わず起こりうるれっきとした病気です。

ただの肩コリと混同せず、肩こりなどを普段からよく感じている人は特に!

しっかり肩甲骨を動かすような運動やストレッチをおこない予防していきましょうね(^^)

 

Google検索では

神戸市 東灘区 整骨院

 

上記クリックしていただけますと、お問い合わせやご予約について

また、ひなた整体整骨院までの所要時間や道のりが分かります!

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0784118400

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒658-0013
兵庫県神戸市東灘区深江北町3-11-36 井手尾マンション 1F
診療時間
月・火・水・金・日
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
アクセス
JR甲南山手から徒歩5分、阪神深江駅から徒歩7分

0784118400

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

ひなた公式LINE
友だち追加
/LINE@限定割引も定期配信中\

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
腰の痛み
肩・首の痛み
鍼灸治療
リンパマッサージ
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
ひなた通信
筋肉と関節の専門家ブログ
WEB限定メニュー
院内設備
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー
系列院のご案内

/滝の茶屋商店街にあります\


/長田商店街内にあります\


/月見山駅スグ!\


/六甲本通商店街内にあります!\


/志染駅からスグ!\


/名谷駅の近く\


/西神南駅の構内!\


/大津和下車で20秒!\


/玉津インター コーナン向かい\


/明石、西新町駅近く!\

ひなた整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒658-0013
    兵庫県神戸市東灘区深江北町3-11-36 井手尾マンション 1F

  • 診療時間

    月・火・水・金・日 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

  • アクセス

    JR甲南山手から徒歩5分、阪神深江駅から徒歩7分

エキテン口コミランキング1位 株式会社HCC
pagetop