こんにちわ(^^)
東灘区ひなた整体整骨院の日城です!
ひなたを選んで下さる理由の一つに「安心・安全の骨盤矯正」が目についたのでと言っていただけることが多いです。
そんな中でも今回は産後の骨盤矯正に来られているママさんたちからのお悩みについて書きたいと思います!

そのお悩みとは。。。
産後のむくみについてです。

当院では先ほども述べたように産後の骨盤矯正をおこなっていますが、近年では病院などでも産後の骨盤を締める為の体操を教えたり
骨盤ベルトの推奨などおこなっているようで、よほどでない限り、そして日常生活で無理をしてしまいがちな2人目以降の出産の方以外では
骨盤自体はそこまで大きくズレていることは少ないです。
出産時には確かに、赤ちゃんが出てきやすくなるためにリラキシンというホルモンが出て骨盤が開きやすくなるのですが、ほとんどの場合が
ある程度は実は何もしなくても治っていきます。
そんな骨盤の開きに対しては皆さん割と意識がいきますが、むくみについては「気になるけど後回し。。。」
なんて感じの方が多いです。
ただ、やはり浮腫むと重たい感じやだるさが抜けないと不調を感じているのは確かです。

「何もしてないのに何でこんなに浮腫むんやろ~」
そんな声にお応えして産後のむくみについて書いてみたいと思います。

産後のお母さんにむくみが出る原因は様々
妊娠中に運動できなくて下肢の筋肉が落ちてしまうことでポンプの代わりをしてくれている筋肉の作用を活かせていない。
赤ちゃんにお乳をあげて栄養不足になっている。
羊水の関係で水分の代謝がうまくいってない。
骨盤の開きや歪みのせいで血流が悪い状態。
などの様々な原因があります。 
先ほどもお伝えしたように当院では骨盤矯正ももちろんおこなうのですが、それよりも大事なむくみをおこしている原因の筋肉などにもアプローチしていきます。
では具体的に何をしていくのか簡単に施術の一部を紹介します。


縫工筋
筋肉の話でいうと『縫工筋』という筋肉がかなり関係してきます。縫工筋の下には大腿静脈が走っています。

※大腿静脈は下肢の静脈でかなり太い重要な血管です。
中心静脈栄養(IVH)という食事が口から摂れない患者さんや体力低下を防ぐ必要のある患者さんの為に、高カロリーの栄養輸液を体内の中心に近い太い静脈から
継続的にいれる時などでも使われる大血管です。

縫工筋が張ってくるとこの大腿静脈を圧迫して血液、リンパ液の流れが悪くなってきます。
ですから、その縫工筋をしっかりほぐしていきます。
ほぐす方法は手技であったり、ストレッチなどをおこないます。
そうすると縫工筋の筋肉の緊張が取れて張り感がなくなって緩んできます。
筋肉の緊張がゆるむと大腿静脈への圧迫がなくなりむくみの改善に一役買うということになります。

でも原因は縫工筋だけ。ということはほとんどありません!
赤ちゃんがどんどんお腹の中で大きくなっていくのをママの体で支えて十月十日。
大きくなるお腹と共に全身の姿勢、バランスも崩れその姿勢がクセづいている方も多いです。
今回ご紹介した「縫工筋」や、これもまた全身へのポンプの役目をしている「ふくらはぎ」など弱ってしまった脚の筋肉の強化をはじめ
負担がかかっている他の部位の筋肉をほぐしていったほうがいい場合など様々です。
専門の整骨院、整体院、鍼灸院などで実際に自分の体の状態に合わせた治療を受けてくださいね(^^)

神戸市東灘区の方は是非ひなた整体整骨院へご相談ください(^o^)丿
骨盤の歪みなどには安心・安全・無痛の骨盤矯正をおこないます。
「骨盤矯正を」というと自費で高額の回数券など購入させられる治療院が多いというお話もよく耳にしますが
ひなた整体整骨院では、必要である方すべてにおこなっておりますが、追加の料金などはいただいておりません。

女性スタッフが居るので、もちろん赤ちゃん連れでOKです!
院内の構造上、ベビーカーごと入っていただくことはできないのですが(´Д⊂ヽ
バウンサーもご用意しています!
ママさんさえ抵抗が無ければ抱いて一緒に待っておくこともできるので、
「誰か見ていてくれる人が居ないから、、、つらいけど行けない、、、」と1人で悩まず
ご相談くださいね!!!


Google検索では